鳥  批評と創造の試み

主として現代日本の文学と思想について呟きます。

「無印良品」は消費社会打開の切り札になり得るか?     堤清二・三浦展『無印ニッポン』

~~辻井喬=堤清二を読む~~ 「無印良品」は消費社会打開の切り札になり得るか? 堤清二・三浦展『無印ニッポン』 ■堤清二・三浦展『無印ニッポン――20世紀消費社会の終焉』2009年7月25日・中公新書。 ■対談(消費社会・現代史)。 ■210頁。 ■2…

三浦雅士――人間の遠い彼方へ その3 鳥の事務所 第2章 人間の方へ――『この本がいい』を読む 1 前置き その①――いささか苦言を…… それでは第2章です。 本章では、相当以前に、1993年ですね、わたしが書きました書評のようなものをお読み頂きます。 『こ…

鈴あらば 鈴鳴らせ りん凛と――再び評価の火を 辻井喬『叙情と闘争』

~~辻井喬=堤清二を読む~~ 鈴あらば 鈴鳴らせ りん凛と――再び評価の火を 辻井喬『叙情と闘争』 ■辻井喬『叙情と闘争――辻井喬+堤清二回顧録』2009年5月25日・中央公論新社。 ■回顧録(自伝)。 ■352頁。 ■2024年5月12日読了。 ■採点 ★★…

三浦雅士――人間の遠い彼方へ その1、その2

三浦雅士――人間の遠い彼方へ その1 鳥の事務所 三浦雅士――人間の遠い彼方へ 鳥の事務所 第Ⅰ部 批評家としての三浦雅士 α篇 三浦雅士 ――批評的散文詩の発明 そもそものはじめに 本稿は以前、突発的に、前の会社を辞めて、次の仕事が全く見つからなかったとき…

『ティファニー』旅立つ!

鳥の事務所PASSAGE店通信 ◎総特集=叶えられなかった祈り――トルーマン・カポーティ歿後40年 『ティファニー』旅立つ! 皆さん、お元気ですか? 今日は。鳥の事務所です。 いよいよGWも終わりですが皆様、いかがお過ごしですか? 本日、早速1冊お買い上げ頂…

およそ半年振りの復活です(笑)!

鳥の事務所PASSAGE店通信 ◎総特集=叶えられなかった祈り――トルーマン・カポーティ歿後40年 およそ半年振りの復活です(笑)! 皆さん、お元気ですか? 今日は。鳥の事務所です。 いやー、前回の更新が9月でしたから、およそ半年ぶりの更新です。どうも仕事…

カズオ・イシグロ、羊文学、ヒグチアイなど

遍 歴 カズオ・イシグロ、羊文学、ヒグチアイなど 2023年11月19日(日曜日) 晴れ☀ 休み イスラエル軍のガザ地区への攻撃の停止を心より祈ります。 本日休み。 先月の終わりぐらいから、SGで妙なPJを任されて、なおかつ我が意に染まず苦しい局面になって…

「死の家の記録」――『ダブリナーズ』「エヴリン」を読む

Jジェイムズ・ジョイスを読むJ 4 Eveline 謎々『ダブリナーズ』その4 「死の家の記録」――『ダブリナーズ』「エヴリン」を読む 【凡例】 ・『ダブリナーズ』からの引用は原則として新潮文庫版を使用し、適宜他の訳書も参考にした。また、英語原文はwebサイ…

現代の「白痴」――献身と姥捨て――カズオ・イシグロ『クララとお日さま』

Ⅸ ~~過渡期の人間――カズオ・イシグロを読む そのⅨ~~ 現代の「白痴」――献身と姥捨て――カズオ・イシグロ『クララとお日さま』 ■Kazuo Ishiguro, Klara And The Sun,2021, Faber & Faber, Knopf, Hayakawa Publishing/カズオ・イシグロ『クララとお日さま…

「過渡期の人間――カズオ・イシグロを読む」進行表 20231021

「過渡期の人間――カズオ・イシグロを読む」進行表 章 節 タイトル 文字数 一次稿 1 過渡期の人間 2 その作品 Ⅰ 『遠い山なみの光』 Ⅱ 『浮世の画家』 Ⅲ 『日の名残り』 Ⅳ 『充たされざる者』 Ⅴ 『わたしたちが孤児だったころ』 Ⅵ 『わたしを離さないで』 Ⅶ …

現在の状況

遍 歴 現在の状況 半野良のブーコです。よろしくね♡ 2023年10月20日(金曜日) 晴れ☀ 休み イスラエル・パレスティナ紛争の早期停戦を心より祈ります。 本日休み。 矢鱈とSGが忙しくなってきた。困ったものだ。面白いからいいんだけど。 現在の状況。 …

ハンス・ガブラー氏講演に成城大学に行く

遍 歴 ハンス・ガブラー氏講演に成城大学に行く 2023年10月15日(日曜日) 雨☔後曇り⛅ 休み イスラエル・パレスティナ紛争の早期停戦を祈る。 本日休み。 13時から、成城大学国際編集文献学研究センター主催による、ハンス・ヴァルター・ガブラー氏講演…

何だか疲労→『クララとお日さま』読了→忙しくなる予感

遍 歴 何だか疲労→『クララとお日さま』読了→忙しくなる予感 2023年10月13日(金曜日) 晴れ 休み イスラエル・パレスティナ戦争? 紛争? に心を痛める。経緯を考えると部外者が口を挟むべきではないのであろうが、一刻も早く戦いを終結するように心より…

『ダブリナーズ』読書会、初参戦!→村上ライブラリー講演会!!→『SPY×FAMILY』2本・『ゴールデン・カムイ』半本にて自沈!!!!

遍 歴 『ダブリナーズ』読書会、初参戦!→村上ライブラリー講演会!!→『SPY×FAMILY』2本・『ゴールデン・カムイ』半本にて自沈!!!! 2023年10月6日(金曜日) 晴れ☀だったと思う 休み 20時から小林広直さん主催のon line読書会『Deep Dubliners』初…

カズオ・イシグロ 著作一覧

カズオ・イシグロ 著作一覧 サー・カズオ・イシグロ(Sir Kazuo Ishiguro・石黒 一雄、1954年11月8日 - )は、イギリスの小説家、脚本家。1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞とされるブッカー賞を、2017年にノウベル文学賞を受賞した。日…

『最後の大君』、『心は孤独な狩人』ゲット!→超久し振りの読書会!!→久しぶりの刺身で呑む!!!

遍 歴 『最後の大君』、『心は孤独な狩人』ゲット!→超久し振りの読書会!!→久しぶりの刺身で呑む!!! 2023年9月29日(金曜日) 曇り⛅ 休み 今日、俺休み。 金曜日が休みになったので、超久し振りにon lineの読書会(公開講義)に参加できることになっ…

鳥の事務所PASSAGE店通信 ◎総特集=批評を遠く離れて――小林秀雄歿後40年 ついに『本居宣長』『本居宣長補記』が旅立ちました! 皆さん、今日は。鳥の事務所です。 いよいよ秋の気配が漂う今日この頃ですが皆様、いかがお過ごしですか? 一昨日、2冊お買い上…

DSとLで安過ぎて死ぬ!→2階でピクニック、その後散歩!!→クラーク『カポーティ』感想文UP!!!

遍 歴 DSとLで安過ぎて死ぬ!→2階でピクニック、その後散歩!!→クラーク『カポーティ』感想文UP!!! 2023年9月22日(金曜日) 今のところ曇り⛅ 休み 昨日、相方休み。今日、俺休み。明日明後日は相方ともに休み。 朝方、家事を一通りして、会社に行く…

「トルーマン・カポーティ――叶えられなかった祈り」進行表 20230924

「トルーマン・カポーティ――叶えられなかった祈り」進行表 章 節 タイトル 文字数 一次稿 1 その生涯とその時代 2 その作品 Ⅰ 新しい葡萄酒に相応しい新しい革袋を探して――未刊行短篇集 『ここから世界が始まる』 1,760 済 Ⅱ 豊饒なる「南部」の喪失――未刊行…

天才小説家の裏と表を広汎なる取材と卓抜なる筆致で活写――ジェラルド・クラーク『カポーティ』

Ⅱ 叶えられなかった祈りより、叶えられた祈りのうえにより多くの涙が流される――聖テレサ*[1] トルーマン・カポーティ――叶えられなかった祈り 附章 主要参考文献・解題 第Ⅱ節 天才小説家の裏と表を広汎なる取材と卓抜なる筆致で活写――ジェラルド・クラーク『…

トルーマン・カポーティ略年譜 【暫定版】

トルーマン・カポーティ略年譜【暫定版】 *本年譜はジョージ・プリンプトン『トルーマン・カポーティ』(1997年/野中郁子訳・1999年・新潮社)付載のものを元として、各種資料を加味して編集したものである。より詳細な年譜を目標としているので、表記の統…

「トルーマン・カポーティ――叶えられなかった祈り」進行表20230920

「トルーマン・カポーティ――叶えられなかった祈り」進行表 章 節 タイトル 文字数 一次稿 1 その生涯とその時代 2 その作品 1 新しい葡萄酒に相応しい新しい革袋を探して――未刊行短篇集 『ここから世界が始まる』 1,760 済 2 豊饒なる「南部」の喪失――未刊行…

O自転車地獄行再チャレ! →「夜の樹」論脱稿!!→ミニ縁側BBQ決行!!!

遍 歴 O自転車地獄行再チャレ! →「夜の樹」論脱稿!!→ミニ縁側BBQ決行!!! 2023年9月17日(日曜日) 晴れ☀ 休み 今日、明日は相方ともに休み。朝方、家事を一通りして、懸案の自転車でOに再び行く。前回のYよりは近いはず。Google MAPによれば1時間…

トルーマン・カポーティ――叶えられなかった祈り    第2章 その作品 第Ⅳ節 不気味なものへの誘い、あるいは恐怖の根源へ――『夜の樹』

Ⅳ トルーマン・カポーティ――叶えられなかった祈り 第2章 その作品 第Ⅳ節 不気味なものへの誘い、あるいは恐怖の根源へ――『夜の樹』 【目次】 第Ⅳ節 不気味なものへの誘い、あるいは恐怖の根源へ――『夜の樹』... 1 1 長篇小説作家になり切れなかった、天才…

ついに縁側BBQ決行!→VIVANT特番!

遍 歴 ついに縁側BBQ決行!→VIVANT特番! 2023年9月8日(金曜日) 晴れ☀だったと思う 9/29(金)に開催される「終わらない読書会」の教材の、イアン・マキューアンの『恋するアダム』、ネットで買う。ついでに前回の教材だったミシェル・ウエルベック…

遍 歴 相方のBDでOに行く、『冷血』感想文アップして、その後遊びに行って散財 2023年8月29日(火曜日) 晴れ☀だったと思う この日は相方の××回目のBD。おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。 そんな訳で、偶々俺も休みだったので、なん…

神の不在の重石として――『冷血』

Ⅹ トルーマン・カポーティ――叶えられなかった祈り 第2章 その作品 第Ⅹ節 神の不在の重石として――『冷血』 【未定稿】 ここがPOINTS! ① トルーマン・カポーティ『冷血』は、事実には基いてはいるが、架空のジャーナリストの視線で書かれたことを装った、あ…

とりあえずKKが終わり、疲労の余りBOで散財

遍 歴 とりあえずKKが終わり、疲労の余りBOで散財 2023年8月27日(日曜日) 晴れ☀ なんか涼しくなった という訳で、還暦を前にして唐突のTSをして、かれこれ一週間経った。最初はただ見学するだけで超暇だったが、休み明け(水曜休み)の木曜日、出勤する…

「トルーマン・カポーティ――叶えられなかった祈り」進行表

「トルーマン・カポーティ――叶えられなかった祈り」進行表 章 節 タイトル 文字数 一次稿 1 その生涯とその時代 2 その作品 1 新しい葡萄酒に相応しい新しい革袋を探して――未刊行短篇集 『ここから世界が始まる』 1,760 済 2 豊饒なる「南部」の喪失――未刊行…

疲労のためか昼寝してしまい、「カポーティ」論、遅々として進まず( ノД`)

遍 歴 疲労のためか昼寝してしまい、「カポーティ」論、遅々として進まず( ノД`) 2023年8月23日(水曜日) 雨☔のち晴れ☀ やっぱり暑いι(´Д`υ) という訳でとっくのとうに夏期休暇は終わって、新しいSBに通い始めて4日たって、今日は休みだった。ただ、大し…